制作事例

制作事例 · 2022/07/30
文月ふみの日のワークショップに合わせて、テガミコ®︎オリジナルの一筆箋が完成しました。 表紙と中紙は、再生紙を使用しています。 当工房で先行販売します。 1冊500円(税込み) お気軽にご連絡ください。 相手を想い、気持ちを伝えるきれいな言の葉を身につけて立派な木を育ててほしい、という子供たちへの想い・願いをこめたデザインです。...
制作事例 · 2022/05/22
数日間、糊を乾かした表紙と中紙を合わせた物を、1冊づつ検品し断裁機で裁断した後、一筆箋に仕上げます。 次に、仕上がった一筆箋を1冊づつ検品した後、OPP袋に入れて梱包、発送しました。
制作事例 · 2022/03/27
【詠う戦国時代】 一筆箋の制作が得意な tezukuribungu.com に ミュージアムグッズを受注して頂きました、町田市の泰巖歴史美術館に行ってきました。 遠方に行かなくても、こんなに感動的な体験が出来る美術館に感謝しかありません。 歴史好きでなくても、オススメの企画展でした。
制作事例 · 2022/01/16
1/12~3/27 泰巖歴史美術館 企画展「詠う戦国時代」開催中です。 一筆箋制作専門工房の当店に、一筆箋の依頼がありました。 手紙のプロのコラ厶を載せました。 一筆箋に興味のある方は、ぜひ! https://www.taiyo-collection.or.jp/
制作事例 · 2021/07/13
『2012年7月は東京スカイツリー限定プレミアム一筆箋をソラマチで販売』東京スカイツリー開業記念グッズとしてメイドインジャパンに、こだわったホットスタンプやシルク印刷のような海外の技術に頼らず、ヨーロッパの人たちが技法を真似をした、日本の昔ながらの工法を用いています。絵巻作家『正子公也』さんが、遠方より、手づくり文具雑貨工房を探して来店して頂き何度も打ち合わせしたので、東京スカイツリーの開業には間に合わなったですが、半年遅れてでも納得の一筆箋を作りたい!の思いの詰まった一筆箋になりました。 ※コスト削減の為、製作過程で、1版で、たくさんの商品が出来るよう、デザインDTPのレイアウト版下を、日本最高レベルまでアップしたので、副産物的の真田幸村十勇士のプレミアムリングノートが、その後の『真田丸』のテレビ化を前に完売してしまったのは予想外でした。 真田幸村の表紙に、霧隠才蔵などの十勇士が予想を裏切る形でリングノートに散りばめられ書くたびにワクワクする歴史物。 この経験が『この価格で、この版下技術を』と大手出版社のみならず、リピートして頂いている美術館・博物館やクリエーターに支持されている理由なので、これからも、あの大変さを忘れないようにしていきます。
制作事例 · 2021/06/16
岩子山・千手院  『本堂・奥之院屋根修復記念』 一筆箋を作成しました
制作事例 · 2021/05/29
イラストレーター takenagaeri 様より 一筆箋を製作をリピート頂きました。コロナ渦の中、ご依頼して頂いた感謝を、お値段そのままで以前の物から持続可能性や生物多様性に配慮したFSC森林認証紙『パールカード』(結婚式の引き出物の箱や贈答品の箱にも採用されています)に変えました。 こちらの一筆箋は6/2(水)まで開催されてます @opagallery さんでの個展「いぐべ...